社会不安障害SADは治る!有効な認知行動療法でちゃんと改善!

社会不安障害SADはご存知ですか?
もしあなたが、人前に立つと異常なほど緊張したり、ドキドキして何も出来なくなってしってすぐにでも逃げ出したくなるような症状にかられるようであれば、社会不安障害かもしれません。
「人よりもちょっと心配性なだけ」と周りには言われるけど、あまりにも度を越しているようなら可能性はもっと高くなります。

社会不安障害はれっきとした病気ですので、他の病気と同様に早めに治療を進めるに限ります。
通常では効果の高いとされる「薬物治療」と並行して行われるのが、「認知行動療法」です。

あまり耳慣れないかもしれませんが、薬物治療と同様によく導入されている効果の高い治療法でもあるのです。

■社会不安障害における認知行動療法ってどんな治療なの?

そもそも社会不安障害の患者さんは、「あの人は私をどう思っているのだろう、きっと嫌われている、悪く思われている」とか「失敗したら笑われる」と言う過度な不安からくる思い込みがあります。
その不安が起こる状況を「客観的」に捉えるなどして、考えと身体の反応(震え、動悸、発汗、赤面など)の悪循環を取り払って意識をコントロールしていく方法です。
そのために不安を感じる「刺激」に徐々に慣れさせたり、症状を緊張や不安からくる「過呼吸」のような症状に対応するための呼吸法などの訓練が行われたりもします。

■どのくらいで効果が出るの?

人それぞれの症状によってももちろん差がありますが、薬物治療などと平行して治療を進めるため、週週間程度で完治するものではなく、
1年くらいの期間、またはそれ以上は掛かります。

■病院に行くのも勇気がいる!

社会不安障害の患者さんにとっては、病院で知り合いに会ったりするので
大変に勇気がいるんです。
ですから「自分は社会不安障害なんです」と専門医に相談したいと思っても、
人と話す事に不安や恐怖を感じる患者さん達にとっては、そこに辿り着くまで
時間が掛かる事もあります。
また、病院に通い始めても「このまま治らないかもしれない」と自分で判断して通院を止めてしまう場合もあります。
専門医とのコミュニケーションもさることながら、家族や親しい人間が付き添うなどして心の負担を軽くしてあげて、治療に専念出来るようにしてあげましょう。

辛い社会不安障害の症状は自己流での完治はまず難しいので、早期の完治を目指して治療を始めてみて下さい。

社会不安障害SADに効果的な治療薬はあるの?副作用は?

「人前に出るとやたらと緊張する」「人前で字を書こうとすると手が震えて書けない」「飲み会など人が参加するのが苦手」など人から見られている事などに対して過度に恐怖感を持ってしまう病気です。
昔は「緊張しやすい人」「心配性な人」と簡単に見られていましたが、意外にも悩んでいる人が多く、深刻なんです。
そう言った事が分からない人にとってはこれが病気だと理解するのが少し難しいのかもしれません。

社会不安障害の治療には投薬治療があります。
薬の治療によって改善する事が多いので、非常に効果的なんです。
薬は1種類ではなく、いくつかの薬が用いられます。
今回は社会不安障害に良く用いられる薬についてまとめてみました。

■SSRI(抗うつ剤)

SSRIは「抗うつ剤」とも呼ばれて、社会不安障害ではメジャーな薬なんです。
そもそも社会不安障害は、脳の中の「セロトニン」が大きく関係していると言われていて、SSRIにはセロトニンのバランスを整える事で、不安や緊張を軽減して気持ちを前向きにしてくれる効果があります。
効果を発揮するまで1~2週間程度かかります。
「口の渇き」「吐き気」「食欲不振」などの副作用が起こる可能性があります。
また、10代の患者への処方には大人より慎重になる必要がある薬です。

■安定剤(抗不安剤)

抗不安剤は、主に「ベンゾジアゼピン系の抗不安剤」が用いられています。
SSRIに比べると効き目に即効性があり、すぐに効果が欲しい時にも対応できる薬である事が最大のポイントです。
その反面、長期間服用をし続けると依存してしまう恐れがあるとされているんです。
起こり得る副作用としては、「めまい」などが挙げられます。

■β遮断薬(βブロッカー)

β遮断薬は血圧を下げる効果のある薬です。
これを服用する事で、動悸や震え、または発汗を抑えてくれる効果があるため、緊張の緩和が期待出来るんです。

■漢方薬

体質改善に効果のある漢方薬も社会不安障害に用いられる事があります。
主に、「加味逍遥散」「半夏厚朴湯」「桂枝加竜骨牡蛎湯」などで
動悸や緊張など精神症状を軽減させる効果を得られます。

■その他の市販薬

こちらを参考にするといいでしょう。
http://www.thegyac.org/category1/entry34.html

主治医の判断を仰いで正しい薬で社会不安障害の緩和につなげて下さい。

仕事にも弊害が出る?!社会不安障害と仕事の関係

社会不安障害、いわゆる「SAD」は聞いた事がありますか?
人前に立つ事でさまざまな事が困難になってしまう病気です。
意外にも多くの方がこの社会不安障害の症状に悩まされていて、
先の見えない恐怖に襲われてる事と思います。
そうは言っても社会不安障害であると事を伝えてもイマイチ理解してもらえなかったりして仕事が上手く行かない場合もあるんです。
今回は社会不安障害と仕事についてご紹介したいと思います。

■社会不安障害のマイナスポイント

社会不安障害は実は仕事をする上で大きな問題になる場合があるんです。
なぜなら社会不安障害の主な症状は会社ではマイナスになる事が多いからなんです。
例えば
・人前で話せない
・電話に出られない
・人前で字が書けない
・飲み会など人が集まる場所が苦手
など仕事で多く出くわす事柄が非常に苦痛に感じるのです。

■同僚や上司に理解してもらう事が大事!

会社で当たり前に行われている業務を苦痛を感じる社会不安障害の方は、
会社の同僚や上司にしっかり理解してもらってサポートしてもらう事が1番大事なんです。
とにかく人前で何かをする事が辛いので、会議などの発表はなるべく他の人にやってもらう方が良いでしょう。
また電話対応に不安を感じる方が多いので、電話の対応はなるべく避けさせてもらって下さい。
飲み会をある意味「会社の行事」と捉えて、参加しない人間は仕事をサボっているのと同じと考える上司も多いですが、社会不安障害の患者さんいとっては飲み会なんて
苦痛でしかないのです。
「無理に参加しないく手も良いよ」と言う感じで周りも接する事が最大の優しさになります。

■無理はせずに思い切って休んでみよう

悲しいですが、世の中には「社会不安障害なんて病気ではない、甘えているだけ」と感じている方がいるんです。
そう言った人にいくら説明しても分かってもらえないんです。
ですから、あまりにも理解を得られない時は仕方がありません、思い切って仕事を休んでしまいましょう。
確かに不安や心配もありますが、自分の身体が1番大事です。
難しいとは思いますリセットして治療に専念するためにも1度ゆっくり休んでみる勇気も大事です。

社会不安障害は、仕事に大きな影響を及ぼしますが、それを隠し続けていても悪化するばかりです。
会社の方の理解を得られれば最高ですが、それが難しければまずは無理せずに自分を大事にしましょう。

社会不安障害SADを抱えるママも多い!まずは理解を深めよう

社会不安障害SADはご存知ですか?
基本的に人前にでるなどすると異常に反応して、過度の緊張、動悸や発汗などの症状が表れてしまう病気です。
人によっては「単なる心配性」や「過剰な神経質」と思っている方もいますが、
れっきとした病気なんです。
実はそんな社会不安障害に悩まされているママも多くいるんです。
今回はそんな社会不安障害のママたちについてまとめてみました。

■社会不安障害になると子育てのこんなところが大変

社会不安障害を抱えると仕事など普段の生活でも大変な事がたくさんありますが、
子育てをするママ達も例外ではありません。
・PTAの参加
・幼稚園の送迎
・子供会
・ママ友の付き合い
・子供とのお出掛け
PTAの役員に選ばれるような事になれば、人前での発言などをする必要がありますし、ママ友の付き合いは非常に大事ですが社会不安障害のママ達にとっては苦痛のタネになります。
また、幼稚園の送迎、子ども会や公園など人の集まる場所に連れて行きたくても、恐怖を感じてしまうのです。

■投薬などの治療法が効果的

このままでは子供も可愛そうなどと感じで専門のクリニックに通院する方も多くいます。
その場合、「抗うつ剤」や「抗不安剤」「β遮断薬」「漢方」などを症状に合わせて処方されるようになります。
投薬は比較的効果があると言われているので改善が見込める可能性は高いです。
また、「認知行動療法」などの精神療法なども行われます。

■ママたちのブログなどを読んでみるのもおススメ

「こんな事に悩んでいるのは私だけかも」と余計に落ち込んでいるママもいるかもしれませんが、ブログなどを覗いてみると、同じ症状で苦しんでいるママ達がたくさんいる事が分かります。
悩みや思いを分かち合ったり書き込みをしたりと交流する事で気持ちが和らぐ事もあるでしょう。

■周りの理解が1番大事

無理に打ち明けたりするのもストレスになるので難しいですが、
病気の事を家族だけではなく身近な人達にも理解してもらえると
ママ達が無理する事なく、安心して過ごせます。
対人関係に不安を持つ病気であるためスムーズにはいかないかもしれませんが、可能であれば良き理解者を作ってみて下さい。

子育てをしていく中で、もしかしたら社会不安障害かもしれないと思ったら
専門医に相談するなどして早期治療を進めてみて下さい。

もしかしたら自分もそうかも?!社会不安障害 SADとは?

会社や学校などで人前で話したり何かする時になると決まって
「汗をかく」「以上に緊張する」「顔が赤くなる」「震える」「ドキドキが治まらない」などの症状が起こる方はいませんか?
「いつもの事だから自分の性格なんだ」と必死で思い込んで慣れようとしても、
なかなか改善せずにどうしようもないなんて場合もあるかもしれません。
それって実は「社会不安障害SAD」と言うちゃんとした名前のある「病気」である可能性が高いのです。
社会不安障害SADについてまとめてみました。

■社会不安障害は生まれつきなの?原因は?

そもそも社会不安障害を発症する方の多くは、俗に言うところの「心配性」や「神経質」などの性格を持っています。
その他にも
・家庭環境
子供の頃の家庭環境の中で「失敗が許されない」「愛情過多」「愛情が足りない」
「厳しく育てられた」などの場合に社会不安障害のリスクが高まります。

・遺伝
みんながみんな遺伝する訳ではありませんが、社会不安障害は遺伝する可能性があります。

・過去の失敗
過去に人前で大失敗をしてしまった事がトラウマになって引きずっている場合もあります。

■社会不安障害だとどんな困った事があるの?

学生でも社会人でも人前での発表、プレゼンなどいろいろやらなくてはならない事は当たり前の様にあります。
しかしながら、社会不安障害にかかると普段の生活の中でもスムーズに行えない事が多く、支障が出るケースがあります。
自分だけなら何ともないのですが、それが「対人間」「人前」となると過剰に反応してしまうのです。
・人前で話す
・電話に出る
・人前で文字を書く
・飲み会など人が大勢集まる場所に行く
・誰かと二人っきりになる
・トイレで誰かが隣にいる
・上司など目上の人と話す
などなど、さまざまな困ったことが起こってしまいます。

■大人?子供?どちらが発症しやすいの?

結果から言えば、どちらも「しやすい」と言えます。
子供と言っても「10代」に社会不安障害を発症する可能性が高くなります。
なぜなら、10代になるとそれまでよりも人前でいろいろ発表したりさまざまな事に挑戦するなど社会性を求められる事も出てきます。
10代は「人」を意識し始める年齢なので、それが過剰になってくると社会不安障害を発症する場合が多いのです。
また、大人、特に30代になると「会社での地位」や「ママ友の付き合い」などがきっかけになって発症しやすくなります。

今まで単に「自分はあがり症なんだ」と一人で悩んでいた方の中にも
社会不安障害と判断される方も多くいる事と思います。
治療法などもありますので、早期の治療をお勧めします。

もしかして社会不安障害?まずはセルフチェックで確認!

知名度はまだ低く知らない方もいるかもしれせんが、「社会不安障害」略して「SAD」
と言う病気と判断される方がいます。
さまざま原因で発症すると言われている社会不安障害が理由で、普段の生活がままならなくなってしまう方が多くいるのです。
「自分は単なる心配性で、社会不安障害とは違う」と思っている方の中でももしかしたら本当は社会不安障害である可能性があるんです。
まずは「セルフチェック」して自分で判断してみませんか?
社会不安障害のセルフチェックについてまとめてみました。

■社会不安障害ってどんな病気?

社会不安障害とは、人前に出ると緊張したりドキドキして物事がうまく進まない症状を指します。
具体的に言えば、
・人前で話せない
・人前で字が書けない
・人前で汗を大量にかく
・人前で震える
・2人っきりになれない
・トイレで他人が隣にいると用を足せない
・電話に出られない
など、人前や、他人と2人っきりで対峙する事が極めて苦手意識を持つ症状です。

その原因としては、
・過去の失敗
・遺伝
・家庭環境
などが挙げられています。

当てはまる事が多い方は、もしかしたら社会不安障害である可能性があるんです。

■自分で出来る社会不安障害のセルフチェック方法

さて、自分でも簡単に出来る「社会不安障害セルフチェック方法」をご紹介します。
①飲み会に参加する
②人前で話す
③目上の人、偉い人話す
④パーティーや飲み会の幹事をする
⑤他人と食事をする
⑥人に見られている
⑦公衆トイレに入る
⑧人前で字を書く
これらに違和感がある、またはこれらを行おうとするとドキドキしたり震えると言う方は社会不安障害である可能性が高くなります。

■セルフチェックでも分からないなら専門医に相談

セルフチェックだけでも、社会不安障害であるかどうかは分かりますが、
もっと正確に自分の症状を知りたい方は専門医に相談して、総合的に判断してもらうのがおススメです。
はっきりしないままに何年も過ぎてしまうのは治療期間を考えてももったいないんです。

社会不安障害であると自分で認めるのはやっぱり勇気が必要ですが、
早めに発見して治療を始めるのが1番です。
まずはセルフチェックしてみて下さい。